HOME

海鳥

鳥類は地球上に1万種生息していると言われています。
気球の全ての環境に適応して、生息しています。

その中でも海鳥はずばり海洋に生息する鳥たちです。
大陸沿岸部、水辺に住む鳥たちは水鳥として区別します。

海洋意に住む民族の生活は海鳥と密接に関連している。
カモメやカツオドリなどは人々に親しまれて、絵や木などで作られてお土産として各地で売られている。

彼らの生活圏は主に海洋であり繁殖の時には島にコロニーを作ります。
一か所に多くのコロニーが集まり、鳥たちの分が堆積してグアノと呼ばれる堆積物となる。それらは熱帯や亜熱帯の高温多雨地域で形成され、長い年月のうちに化石化してリン硝石となる。
海鳥たちが集まる大洋の島の埋蔵量は限りがあり、今ではほとんど採掘し尽くされた。
南太平洋にあるナウル共和国は、リン硝石を採掘し尽した典型的な1例です。

種類

海鳥の種類は330種と言われ、他の鳥類と比べれば多くはありません。

代表的な海鳥の紹介

アホウドリ
羽毛目的で人間が接近しても地上での動きが緩怠で、捕獲が容易だったことに由来する。

カツオドリ
カツオなどの大型魚類に追われて海面付近に上がってきた小魚を狙い集まる事から、漁師からカツオなどの魚群を知らせる鳥とみなされた事が由来。
大洋の島々に暮らす漁師にとって親しみのある鳥である。Saipanの漁師も彼らの後を追ってカジキなど大物を狙う。

ネッタイチョウ
熱帯の海洋に生息し、日本語圏や英語圏での総称(tropicbird)の由来

ミズナギドリ
巧みに飛翔する海鳥グループである。始新世中期ルテシアンに登場し、現在も繁栄している。

ウミツバメ
海面すれすれを飛びながら、海面近くの小魚やイカなどの軟体動物、プランクトンなどを嘴でつかみとって捕食する。

モグリウミツバメ
全長は約20cmと他の海鳥と比べて小型である。アホウドリ類などの大型の海鳥が大洋を広く飛翔する能力を持つのに対して、この科の鳥は飛翔能力は小さく、その代わりに潜水能力が高い。

グンカンドリ
熱帯の海洋に生息する。
食性は動物食で、魚類や軟体動物を食べる。水面付近にいる獲物を飛翔しながら捕食するか、他の鳥類が捕らえた獲物を奪う。

トウゾクカモメ
洋上でカモメ科やミズナギドリ科、カツオドリ科の水鳥を空中で攻撃し、獲物を放したり吐き出したりしたところを空中で奪い取る行為を行う

カモメ
極地を除く全世界の海洋・内水域に生息する。カモメ類は熱帯・亜熱帯。

ウミスズメ
普段は沖合いの海上に浮かんで生活するが、たまに港などに現れる。潜水して魚類や甲殻類を捕食する。

ペンギン
主に南半球に生息する海鳥であり、飛ぶことができない。

などである。


太平洋の島国


GUAM


太平洋の活火山


アナタハン島


海鳥
LINK