HOME

グアム島

  グアムは西太平洋マイクロネシアの中央部に浮かぶ島である。 1898年のアメリカとスペインとの戦争以後、アメリカ合衆国の領土になった。1941年から1944年までは日本軍が占領統治して当時日本は「大宮島(だいきゅうとう」と呼んだ。
経済面では、西太平洋最大のアメリカ軍基地があり、軍関係の経済効果と日本、韓国などからの観光業が重要な位置を占めている。

 紀元前3000年ほどから人類が生活していたと考えられている。1521年マゼランが世界1周の航海の途中でグアムに寄港したとされている。スペインを出て南アメリカ最南端を通過して太平洋に出たマゼランは、そこから90日以上を費やしてグアムにたどり着いた。
その後、1565年にスペインは勝手に領有を宣言して植民地とした。1668年にサン・ビトレスを中心としたイエズス会が布教活動のため訪れるようになった。しかし、宣教師が祖霊崇拝を始めとするチャモロ人の伝統的な習慣や文化を厳しく禁止したため、不満を持つチャモロ人も多く、その不満は1669年のスペイン・チャモロ戦争として現れた。

キリスト教に反抗的な村は全て焼き払われ、10万人いたとされるチャモロ人が5000人以下に激減した。そして、以降は目立った反抗は無くキリスト教文化が定着するようになったといわれている。

 アメリカ軍西太平洋最大とされるアンダーソン空軍基地があるフィリピンの空軍基地が全面撤退となりグアムに統合された。その後も沖縄米軍の再編もあり、今後グアムには7,000人以上の海兵隊が駐屯することになる。しかし、費用等の問題もありその実現は遅れている。

米軍再編は北マリアナのSaipan、Tanian島にも影響を及ぼしている。
人々は低下傾向の観光客に代えて米軍が経済的な利益をもたらしてくれることに期待している。